• shopping cart

2021/09/06 21:36

少しづつご相談件数が増えている豊田市内からのご相談事例です。
実は寝具以外の目的でも何度かご来店されているお客様です。
ご相談時には奥様が下のお子様を産まれたばかりだったということと
新居のご購入をされようと検討されている状態でしたので、
ご新居が建ってから導入しましょうとお話ししていたお客様だったのですが
旦那様の腰痛が限界に達したとのことですぐに設置することに決まりました。

*現在コロナ禍の影響により海外製の寝具が入手しにくい状況にあります。
 それぞれに少しづつ事情は違いますが、全てコロナウィルスが原因です。

ご相談いただいたのが8月の始めで、納入は昨日(9/5)でした。
これでもかなり急いで手配をかけた実例になります。
ものによっては10月まで入荷をお待ちいただいている方もいらっしゃいますから
直近でのご用意は不可能に近い内容になりつつあります。

導入した商品は最後にリストとしてお出ししておきます。
S(シングル)+SD(セミダブル)をプラスした大きさをご希望で
赤ちゃんもいらっしゃるご家庭になるので隙間の開かず、
段差もできないフラットな作りでご提案していきます。


まずマットレスはこれはもう私のお気に入りの寝具になりますが
ラテックス(天然ゴム)を使用したマットレスを中心にご提案しました。


これも最近特にオススメしているベッドフレームですが、
無垢の国産檜材を贅沢にすのこ面にも使用している
ヒノキすのこベッド。これをS+SDでご用意しました。
お部屋に入った途端ヒノキのいい香りが広がります。
人工の香料ではありませんからエッセンシャルオイルと同じく
リラックス効果が期待できます。
熟睡というワードに関して言っても無垢材がしっかり湿気を吸います。
常に好環境で安心して就寝していただくことができます。
設計は6本脚でしっかりしていますし、見た目のすっきり感、
座面の立ち上がりに関しても寝具としては十分な機能を持っています。

*すのこベッドシリーズはウッドショックの煽りを受け
 この2021年10月から値上がりします。



ラテックスマットレスはこの状態で届きますので
ロープライス商品にありがちな真空圧縮梱包もありません。
復元率が悪くなる原因にもなりますので、寝具専門店ではこれを使わない
というのが我々の中ではセオリーになっています。
半年以上真空状態で保管をした場合、どんどん復元率が悪くなるため
たくさん作ってたくさん売る大量生産品向きの加工ですが、
我々のお付き合いするメーカーでは大量にも作りませんし、
1年間の生産限界も決まっていますので、特に工場からの
「鮮度」ということも意識しながら仕入れをしています。
店舗で無理な在庫をしないのもその為です。

私が特に鮮度をお話しできるのは羽毛布団です。

1枚1枚国内で生地から縫製し、羽毛を選び吹き込んで出来立てをお持ちします。
オーダートゥメイドを謳う当店が、自信を持って手配した「布団生地」。
オリジナルのバティスト(軽量生地)からゴアテックスまで。
何度もしつこく言いますが、羽毛布団は「生地」から決めましょう。
中身の羽毛は一番最後で大丈夫です。


今回は完全にお任せ。という嬉しい内容でしたので
ドイツのサンダース社に別注をかけた世界最軽量級生地を
使用した羽毛布団をご用意することにしました。

当然お値段もしますが、掛け心地に関してご説明すると
使っているのか分からないほどの驚くべき軽さを持っています。
生地の仕様に関しては下記のようになりますが、
ほとんどの方が無関心だと思うので荒くご説明すると。
下記のデータのほとんどが、日本の羽毛布団の生地基準には
全く当てはまらないということになります。

ドイツ サンダース社 ブラームシェタッチ
   綿100% 糸番手(縦134 横152)
   打ち込み 200×183本
   目付 68g/㎡  通気度 5cc

なぜか、、、

一般的に日本の羽毛布団に使われる生地に必ず施される樹脂加工。(羽毛吹き出し防止加工)
このことを我々は「ダンプ」と呼んでいますが、このサンダース生地は樹脂加工を行っていません。
どういうことかというと、、、このブラームシェタッチと分類される布団生地には
ファイバープルーフという生地の織り方のみで羽毛の吹き出しを防ぐ加工をかけています。


なぜ130年を超える寝具メーカーがダンプを使用しないのか。
全ては羽毛の「本当の役割」にあります。

羽毛は元々動物性素材。(繊維ではありませんが)
人間から出た汗や水蒸気を吸い、多湿にならない環境を生み出します。
加え、気温をコントロールし、人間の熟睡睡眠の条件である
温度、湿度に保ってくれるという機能を元々持っています。

残念ですが日本の羽毛布団には必ず樹脂加工がかかっているので
どうしても蒸れが発生してしまいます。。
些細なことですが、これが熟睡を妨げています。

*余談ですが、お手頃な防ダニ寝具はもっと厚い樹脂を塗布します。
 ダニは防げるかもしれませんが、この中で人間が寝られるか?という
 おそらく人間の睡眠については完全無視の商品です。笑


なぜこんな矛盾が起きてしまうのか。。防ダニもそうですが
原因はユーザーの要望が強く、これが商品に反映され過ぎています。

現在でも羽毛布団は中身の羽毛の質や量を気にされる方が多く、
メーカーサイドもそちらにコストを充てる為、コスト増の現代では
生地に羽毛と同等ランクの生地を使用するということができません。
その結果、ポリが15%以上入っているTTCという生地が多く流通し、
中には100%ポリという謎の布団生地も存在します。。

この生産コストを突き詰めてしまうと。
生地の生産、縫製を中国で行った側生地を輸入し、
日本で羽毛を吹き込むと当然のように「日本製」という顔をした
商品も存在してしまう訳です。

中の羽毛がどれだけ良くても布団生地が悪ければ
使い心地や耐久性も含め、非常にアンバランスな商品になってしまいます。

寝具の歴史が長いヨーロッパでは
「綿で側生地を作るのは当たり前」
「樹脂加工を掛けないのが当たり前」ということになります。
私もこれをヨーロッパに行ってから知りました。
それまではダンプをかけるのが当たり前という考えでした。
やはり島国の人間だった訳です。

今までにもユーザーさんが使っている羽毛布団の状況を聞くと
「羽毛布団は蒸れて暑い」というお声をいただいたりしていたので
そこで「なるほど」っと驚くほど合点がいったのです。

プラスして現代の家屋では機密性が高く、元々暖かいおうちが増えています。
要はオーバースペックで「暑すぎて蒸れる」という商品が多数存在します。
特に高額な羽毛布団になればなるほど、この矛盾が多くなるように思います。

全ては寝具メーカーのエゴによって作り出されたマーケティングの一部なのです。
それに気付き、本当に寝具のことを知っている寝具開発者もいるのに
大手であればあるほど、作らせてもらえないという現状があります。

日本では羽毛の吹き出しがクレームとして上がることが多く、
クレームに対してのモノづくりをしているという点にもあります。
羽毛が出るなら防ぐ。「臭いものにはフタ」という考えです。

私は最低限の機能を寝具に付与して、特段便利ではないですが
自然の力に全てお任せしている状態に近い商品を用意しています。



当店のオリジナル生地は全てノンダンプのファイバープルーフ加工です。
素材が綿100%であることは言うまでもないです。


*分かりにくいですが100番手以上の細番手の平織り生地のアップです。


生地が軽いことによって生み出されるもう一つの効果は
羽毛が生地によって圧力を受けず、適正な羽毛量を使ってあげれば
少量の羽毛がしっかりとキルト(羽毛のお部屋)内で膨らみ、
健康な状態で使用していただけますので、
まず羽毛の充填量を減少させ、コストを落とすことができます。
高寿命で長く使えるという仕様をあれこれ研究を重ねて製品化しています。

これを分かりやすく言うと、、、
羽毛が適正間隔で健康な状態であることは素材が高いパフォーマンスを出せる状態です。


逆に羽毛が多すぎると詰まりすぎでストレスになり、
暑すぎる。重たすぎる。擦れ合ってしまい耐久性が落ちる。等
デメリットの方が大きくなるのに加え、コストも大きくなります。


全てを適正に。バランス保つことが私の仕事です。

今回のサンダース生地のお布団はステップと呼ばれるキルトのマチ高も調整し、
「マズルカ」というポーランドの最高級マザーグースをシングル基準で
1.0kgと軽量に抑えながら、通常5cmのステップを8cmにアップ。
(通常はシングルサイズで1.3〜1.4kg入れるのが通常です)
かなり大きなダウンボールを使うことで羽毛の広がるスペースを縦方向に確保しました。

キルトと呼ばれる羽毛のお部屋のサイズも5×6の30マスに設定。
(30マス以上もできますが、これぐらいが正常だと思います)
お部屋を仕切る内部の素材もナイロンタフタではなく、通気性に優れるポリエステルメッシュ。
キルト内で羽毛の物理的移動が起こらない完全立体キルトを採用しています。
全ては人間の熟睡のためです。今回は私の中で1mmの隙もない作りにしました。



っと長かったのですが、、笑
これが当店のオーダー羽毛布団です。

うーん。
綺麗です。。


こんな寝具で良ければですが、喜んでご相談をお受けします。
寝具で気になること。困っていること。
こんな理想の寝具にしたい等。

ご連絡いただけますと幸いです。


納品商品一覧

・ミルフィ ラッテックスマットレス 10cm Sサイズ  ¥93,500 × 1台
・ミルフィ ラッテックスマットレス 10cm SDサイズ ¥115,500 × 1台
・ビラベック ベッドパッド Sサイズ          ¥38,500 × 1枚
・ビラベック ベッドパッド SDサイズ         ¥39,600 × 1枚
・ジムナスト オーダーメイドまくら          ¥22,000 × 2個
・檜スノコベッドフレーム Sサイズ           ¥65,450 × 1台
・檜スノコベッドフレーム SDサイズ          ¥72,050 × 1台
・サンダース社バティスト羽毛布団 SLサイズ      ¥275,000 × 1枚
 (「マズルカ」ポーランド産ホワイトマザーグースダウン95% 1.0kg)
・サンダース社バティスト羽毛布団 SDLサイズ     ¥343,750 × 1枚
 (「マズルカ」ポーランド産ホワイトマザーグースダウン95% 1.25kg)
・コットンニットカバー類一式             ¥47,300 × 1セット
 (枕カバー×2枚 掛けカバーSL×1枚 掛けカバーSDL×1枚 BOXシーツS×1枚 BOXシーツSD×1枚)